TOP なにわ時計学校について 授業紹介 学科について 地図アクセス 岸和田 なにわ時計学校 入学願書受付中


 今、時計修理を行なえる技術者(時計職人)が不足しております。
 クォーツ腕時計が発売(1969年12月24日 セイコーアストロン)されて現在はクォーツ全盛となって久しく、ソーラータイプ、AGSタイプ、スプリングドライブタイプ、電波時計と多種多機能となり、メーカー修理対象品が50%を超えてきており、修理技術が従来のように伝え継承されにくくなってきており、メーカーに修理を依頼しても機械交換が主となりつつあります。近年、スイスメーカーの機械式腕時計の台頭やアンティーク時計等の古いタイプのものを修理して欲しいというユーザーが増えてきておりますのに、これらの修理や部品作りができる技術者が少なくなってきております。各メーカーは部品を出さなくなってきており、将来を考えますと技術を受け継いでいける環境が狭まってきています。
 今ここで基本・基礎から学び、自分で考え発想できる技術者の育成・養成が急務と考えます。
 皆さんの情熱で明日の未来を作っていこうではありませんか!!
 来たれ!皆さん自身が学べる学校に!!
 代 表  池 宮 俊 二
※日本時計師会 公認高級時計師
 CMW 1973年度 最優秀井上賞受賞
※国家検定 1級合格
※職業訓練指導員
■本校の授業紹介■




なにわ時計学校
時計科 … マスターウォッチメーカーコース 男女3年制
        (全日)AM9:30~PM4:50 月曜日~金曜日
        ウォッチ&クロックメーカーコース 男女1年制
        (全日)AM9:30~PM4:50 月曜日~金曜日

    ここを知りたい、“ここだけ特別講習制度”もあります。
    お問い合わせください。
併 設 なにわ時計文庫
     なにわ時計研究会 事務所







TOP | なにわ時計学校について | 授業紹介 | 学科について | 地図アクセス